カネと野望のインターネット10年史―IT革命の裏を紐解く (扶桑社新書)


カネと野望のインターネット10年史―IT革命の裏を紐解く (扶桑社新書)

ジャンル:
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 735 (税込)


気軽に読めます
特別興味のある分野ではなかったのですが、タイトルにも書きましたとおり
私のような知識が乏しい人間にも、気軽に読めます。
光通信の破綻や、堀江の逮捕など一連の事件に対して、ニュースでよく耳にはするけど
具体的に何が起こったのかよくわからない、
と思ってる方には、ちょうどいいレベルなんじゃないでしょうか。


面白いが取材は甘い
IT企業と株式市場がからみ、盛衰したこの10年をゆる?く追った。2000年のITバブル崩壊と、ライブドア事件の主役堀江貴文については半生を丁寧に書き、人物像を描き出している。 また、ITバブルはどうこけていったのか、ITブームの寵児リキッドオーディオと光通信の転落ぶりを面白く描いていて、これも興味深い。

一方、取材のつめが甘い。本書では匿名コメントが多いのだが、一切裏取りがなく、聞いた言葉をそのまま受けて文章を書いている。これじゃ、週刊誌レベル。同じ本書には、やくざをはじめとする裏社会がネットトレードをしのぎにしているという指摘がされるのだが、その根拠たるや心細い。アンダー事情に通じる人物とか、地下経済を知る人物が出てきて、「山口組の数千億遊ばせておくことないよ」とか「カネはさびしがりやだから、表に出たがるよ」って、噂話かい…。家田荘子や溝口敦だったら、やくざに直当たりして、カネの流れを直接聞くんだけどなあ。特に名証セントレックスに上場した某企業について、「東京の会社なのになぜ名古屋?名古屋って言えば山口組6代目の地盤だって思うよね」という自称アンダーグラウンド通に語らせる。この会社は上場後暴落し、上場に疑義はあったが、匿名の人物の、しかも推測で軽々しく反社会的勢力のかかわりを匂わせるのは、この企業の価値を著しく毀損すると思うがどうだろう。

厳しい評になったが、気軽にITバブルや今の株式市場の雰囲気を味わいたい人にはいい本かもしれない。






偽善の医療 (新潮新書)

カネと野望のインターネット10年史―IT革命の裏を紐解く (扶桑社新書)

いきなりはじめる浄土真宗―インターネット持仏堂〈1〉 (インターネット持仏堂 (1))

医療を動かす―HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録

音楽ビジネス 仕組みのすべて―Music Business Bible

インターネットにお店を持つ方法 ネットショップ開業で夢を叶えた12人の女性オーナーたち

カナりマナべるビジネス数学検定―公式テキスト

はじめたばかりの浄土真宗―インターネット持仏堂〈2〉 (インターネット持仏堂 (2))

新・女性の選択 就職・結婚・子育て・転職・昇進

ルポ 高齢者医療―地域で支えるために (岩波新書)

ネズミネットプレス

神奈川 美容室プレス

ワインチェックプレス

ハッピー絵本プレス

作業療法士 資格プレス

電話占いランキングプレス

太陽光ウェブプレス

アトピー 治療プレス

ニキビ対策方法プレス

乾癬 治療方法プレス

土壌汚染プレス

住宅の相談・プレス

弁護士・大阪プレス

盗聴器根絶情報プレス

便利屋・不用品処分情報プレス

鍵 茨城情報プレス

カーペット通販情報プレス

関西 弁護士情報プレス

きれいな歯情報プレス

キッズプレイルーム情報プレス

さいたま 探偵情報プレス

家電・ドライヤー情報プレス

PCデータ復旧情報プレス

不動産売買情報プレス

窓ごラス情報プレス

登記代行情報プレス

健康 歯科医院情報プレス

山登りバスツアー情報プレス

路線バス・神戸情報プレス

貸し会議室・東京都情報プレス

リフォーム 山口情報プレス






Copyright(C)