Free Hosting

Free Web Hosting with PHP, MySQL, Apache, FTP and more.
Get your Free SubDOMAIN you.6te.net or you.eu5.org or...
Create your account NOW at http://www.freewebhostingarea.com.

Cheap Domains

Cheap Domains
starting at $2.99/year

check

偽善の医療 (新潮新書)


偽善の医療 (新潮新書)

ジャンル:
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 735 (税込)


まったく同意
臨床医として患者さんのために心を砕き、そして(おそらくは公立病院勤務の故に)国の施策に激怒する熱い著者の心意気が見える。
本質的にとてもいいお医者さんで、当然といえば当然であるが博識で勉強家。
こういうお医者さんが第一線を背負ってきたんだろうと思えるが、、、、。
この国は、すでに小泉改革といい、そのご政党は変わったにせよ2大政党制といい英米べったりの姿勢を崩していない。グローバルスタンダードというよりアングロサクソンスタンダードの医療制度が来る日は近いと思われる。そのあたりが時々うかがわれる筆者の諦観の源泉かもしれない。
しかし、それを選択しているのもわれわれ国民ではある。

それにつけても、数年前まで、「医師あまり」を連呼してきた政府・喧伝してきたマスコミは総括・分析位してもいいんじゃないか?
大本営発表から何も進歩していなかったのだろうか。
この本から伺われるのは厳しい現場の荒廃である。

ポピュリズム医療へのアンチテーゼ
母が大学病院に入院した時、インフォームドコンセント関係の書類の多さにへきへきしました。あらゆる可能性の説明がありましたが患者は混乱するばかりでなんの価値があるのか非常に奇異な感じがしました。このように常識的に考えておかしなことが、医療界で皆がもやもやした違和感を感じながら行われることが多くなったこと、また、少しでもマスコミ的基準から逸脱するとスキャンダラスに取り上げられ袋叩きにあう風潮を危惧しています。お礼を受け取るべきかどうかとの章で著者は、「今までの痛恨事の1つは、転院した昔の患者を見舞った時、末期がんの患者が勧めた缶コーヒーを断ったことだ。あの時に患者が示せた最大の感謝の気持ちを拒否してしまった。それからは患者から食べ物を受け取ったら目の前でおいしそうに食べろと新人には教えている」と書いています。 このような情が素直に生かされるような医療を皆が求めているのに、なぜ、医療という不確実性を認めず、「医者が悪い、製薬会社が悪い、厚生省がもっと悪い」となるのでしょうか。著者のような姿勢の良医(少なくとも私には)を守り育てるような地域活動をしたくなるような本でした。本音で医療を語る際に、大いに読んでほしい一冊と思います。関連の本で 医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か 小松 秀樹 (著) 朝日新聞 も基本はポピリズムに走る医療が回りまわって患者に牙をむくという点で共通したところがあります。これらの本の対極にあるのが、中島 みち (著)「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (岩波新書) です。対比して読むと、我彼のスタンスの違いが浮き彫りになると思います。




投じられた一石
玉石混交のエッセイ集だが、汲むべき点、見るべきところは多い。たとえば近頃流行の「患者様」という言い方に対する違和感のゆえんをきっちりリクツで説いていたり、「老人の癌は進行が遅い」という一般に流布する思い込みを解消させる話があったりと、医者という立場ならではの見識が示されている。達意の文でもある。

意外と人情家なのですね。
 本人を知っているので,むしろ意外な側面があることに驚きました。ベランメイ調なのは,氏の落語好きが高じての話と思うので,仕方がないでしょう。違っていたらごめんなさい。いつもより丁寧な言い回しと,気遣いが見られますが,それでも毒気が抜けないのは,限界と見受けました。「実名で書け」という批判が多いのですが,さすがの氏を以てしても,筆名にせざるを得なかったということは,ある意味ホッとしました。氏の「本音」は,むしろ,「多方面から来る批判に,いちいち付き合えない」ということではないかと推察します。もしそうなら,相変わらず賢明です。
 他の肺がん関係者とも,話しましたが,皆さん好意的で,「我々の本音に近い」という評論がほとんどでした。私もそのように思います。57頁の小児がん患者の話は,グッと来ました。氏がこうした,感性をもっていたことは,意外でした。結構人情家なのですね。「俺が話したら,患者の承諾率は100%だ」とか,人を喰った話ばかりせずに,こうしたいい話を聞かせて下さい。

小気味よい論理と本音
小気味よく,著者の本音が論理的に開陳される.人類万歳のような偽善的な美辞麗句や,弱いものの味方のみを善とする独善的語句に溢れる医療関係書ばかりがもて囃される昨今,久しぶりにまっとうなものに出会えた気がします.









偽善の医療 (新潮新書)

カネと野望のインターネット10年史―IT革命の裏を紐解く (扶桑社新書)

いきなりはじめる浄土真宗―インターネット持仏堂〈1〉 (インターネット持仏堂 (1))

医療を動かす―HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録

音楽ビジネス 仕組みのすべて―Music Business Bible

インターネットにお店を持つ方法 ネットショップ開業で夢を叶えた12人の女性オーナーたち

カナりマナべるビジネス数学検定―公式テキスト

はじめたばかりの浄土真宗―インターネット持仏堂〈2〉 (インターネット持仏堂 (2))

新・女性の選択 就職・結婚・子育て・転職・昇進

ルポ 高齢者医療―地域で支えるために (岩波新書)

ネズミネットプレス

神奈川 美容室プレス

ワインチェックプレス

ハッピー絵本プレス

作業療法士 資格プレス

電話占いランキングプレス

太陽光ウェブプレス

アトピー 治療プレス

ニキビ対策方法プレス

乾癬 治療方法プレス

土壌汚染プレス

住宅の相談・プレス

弁護士・大阪プレス

盗聴器根絶情報プレス

便利屋・不用品処分情報プレス

鍵 茨城情報プレス

カーペット通販情報プレス

関西 弁護士情報プレス

きれいな歯情報プレス

キッズプレイルーム情報プレス

さいたま 探偵情報プレス

家電・ドライヤー情報プレス

PCデータ復旧情報プレス

不動産売買情報プレス

窓ごラス情報プレス

登記代行情報プレス

健康 歯科医院情報プレス

山登りバスツアー情報プレス

路線バス・神戸情報プレス

貸し会議室・東京都情報プレス

リフォーム 山口情報プレス






Copyright(C)